設備管理の仕事について - 設備管理.com

ビルメンテナンスの業務内容とは?!

仕事のやりがいや面白みに迫る

設備管理の仕事って?

住環境設備のスペシャリスト

人が快適に暮らせる環境作りを担っている「設備管理・ビルメンテナンス」

マンションや商業ビルそして施設等は、電気・空調給排水・消防等の様々な設備によって安全と快適な空間が保たれています。設備管理・ビルメンテナンスは、これら多種多様な設備が円滑に稼働するよう保守・メンテナンスを行い、また空気環境や水質保全等が適正であるよう衛生管理するなど、その職域は多岐にわたり且つ重要です。

具体的な仕事内容

主にビルや施設内での常駐管理と保守項目毎に訪問し、メンテナンスや修繕・数値測定を行い報告する訪問管理があります。また設備によっては遠隔監視を行うケースもあります。

電気設備

電気設備の劣化診断などを行い、予防保全に努めます。
自家用電気工作物保安のための点検・検査には、日常巡視点検・定期点検・精密点検等があり、電力の安定供給と停電・漏電・感電および火災等の事故を未然に防ぎます。
事故が発生した場合は、その影響を最小限にとどめ、速やかに復旧する職責を担います。

空調給排水設備

空調設備は室内外機やチラーのメンテナンスをはじめ、状況に応じてフィルター清掃や分解清掃を行います。24時間常に稼働している状態が多いため、比較的故障の多い設備になります。

給排水は、受水槽・貯水槽・貯湯槽等、これらに関連する増圧吸水ポンプ、配管の点検・保守・清掃を管理します。また井水を利用する施設に関しては揚水ポンプやろ過器のメンテナンスを行います。水質の保全や給湯温度の管理を行うこともあります。

消防設備

消火器や火災報知機・消火栓・避難誘導灯・消防排煙設備・非常用自家発電機等の点検を行います。消防設備はもしもの際、正常に可動することが求められますので、その維持管理は消防法で義務付けられています。

定期的に消防署へ消防設備点検報告書を届出ます。

ボイラー管理

中規模・大規模のビルや施設等の空調・給湯設備の保守・運転管理を行います。安全運転を保つために水位・蒸気圧力、燃焼状態の監視、調整などを行います。

不具合が発生した際は、メーカー保守に点検依頼を行います。

巡回・定期点検

ビルや施設内および、その周辺をチェックし、破損・老朽化箇所を必要に応じて修繕します。

必要に応じた仕事の領域

持っている資格に応じて、携われる領域が違ってくる

ビル管理は、電気・空調・給排水・消防、防災・建築、設計・環境等、建物の維持管理を行うもので、約50種以上の業務から構成されています。
最初から業務に必要となる全ての資格を保有することは困難なので、必要最低限の資格から取得しましょう。

【ビル設備管理】
ビルの電気・空調・給排水・環境衛生・防災対策などの設備を維持管理する技術者を認定する資格です。
2級ビル設備管理技能士の受験資格には2年の実務経験が必要となります。 1級ビル設備管理技能士の受験資格には7年の実務経験もしくは2級合格後2年が必要となります。ビル管理における知識と能力が必要となるため、実務経験を証明するのには便利な資格です。

【電気設備】
第2種電気工事士は、一般用電気工作物の電気工事ができます。
一般用電気工作物とは、一般住宅や商店など低圧受電のもので、道路などにある電柱から変圧器で600V以下に落として受電するものです。 第1種電気工事士は、一般用電気工作物および最大電力500KW未満の自家用電気工作物の電気工事ができます。2級電気工事施工管理技士はテナントの入退去工事の際など、現場監督として有効な資格です。

【消防設備】
消防設備点検では乙種消防設備士または消防設備点検資格者が必要となります。
非常用自家発電機が設置されている場合、重油の管理が必須となるため、乙種4類危険物取扱者が必要となります。消防設備点検で不具合が発生した場合や、テナントの入退去工事の際には、甲種消防設備士の資格が必要となります。

やりがい

災害を防ぎ、人々の生活を支え、人の命をも守る「やりがいのある仕事」です

設備管理・ビルメンテナンスは、利用者が不都合なく過ごせる環境を保守する社会的意義の高い仕事と言えます。
自動ドア・エレベーターが正常に可動し、明るい照明や心地よい温度に調整された環境があり、時には火災等の危険から利用者を守る。 そんな当たり前に過ごしているこの環境が失われた時に、我々はその「当たり前」にありがたさを実感するでしょう。
けっしてスポットライトを浴びることはありませんが、裏方に徹し保守管理のスペシャリストとして、今この瞬間もメンテナンスを行なっているのです。

辛いことってないの?

近年、様々な設備の集合体であるビル・施設は、各所の日常点検から不具合が発生した際の即時対応、利用者がいない時間帯の保守も必要となり、24時間体制で対応する現場も少なくないため、体力的にも大変な仕事です。
またメンテナンスにおけるチェック箇所や行政への点検結果報告義務の増加しており、報告書作成等デスクワークも少なくありません。故障、破損箇所の原因究明からスピーディーな修繕、各種報告書の作成等ができるようになれば、ビルメンスペシャリストです。

電気工事士になるためには?

設備管理・ビルメンテナンス業界でのスタートに役立つ保有資格として、電気系として第2種電気工事士、消防系として乙種消防設備士、管理系として2級ビル設備管理技士、熱源系として2級ボイラー技士が有効です。

第2種電気工事士は国家資格で特に受験資格に制限はありません。筆記と実技によって行われる試験に合格すれば電気工事士になることができます。

乙種消防設備士は国家資格で特に受験資格に制限はありません。筆記と実技によって行われる試験に合格すれば乙種消防設備士になることができます。

2級ビル設備管理技士は国家資格で、受験資格には2年の実務経験が必要となります。筆記と実技によって行われる試験に合格すれば2級ビル設備管理技士になることができます。

2級ボイラー技士は労働安全衛生法に基づく国家資格で、試験合格のほかに実務経験(または、ボイラー及び圧力容器安全規則に規定する学歴、実地修習等)が必要になります。

今月の注目企業

タカノフーズ関西株式会社

セコム株式会社(テクノ事業本部)

株式会社YDK

電気工事施工管理技士

東京都杉並区梅里2-13-1..

株式会社YDKは、電気設備工事の設計から施工・引渡しまでをトータルでサービス提供して..

有限会社京葉トップライン

電気工事士

千葉県千葉市花見川区幕張町3..

<実力主義のため頑張りはきちんと還元されます!> 安定した受注量があり、業績が拡大..

株式会社NSS

電気工事士

東京都品川区南品川2-2-7..

創業20周年を迎える当社。 監視カメラシステム、デジタルサイネージの卸販売を主に事..

株式会社DENZ

電気工事士

東京都足立区加平1-16-2..

【真面目に頑張るアナタを応援します!】 当社は本気で「一流の電気工事士」を目指す方..

日研電気株式会社

電気工事士

大阪府豊中市長興寺北1-5-..

◆能力のある方は、優遇! きちんと頑張りを給与で評価してもらえます。 入社後、各..